タピオカを飲みすぎた少女。全身から消化されていないタピオカが大量に見つかり、とんでもないことに。。。

スポンサーリンク
ニュース

流行りのタピオカが実は危険の宝庫だった!?

以前タピオカの飲みすぎで女の子が腹痛を訴え、病院へ行くというニュースがありました。

表示できません - Yahoo!ニュース

中国東部の14歳の少女は、5日間にも及ぶ腹痛と便秘を訴え、両親に連れられ、地元の病院に行った。

ctスキャンしてみるとなんと大量の未消化タピオカが映し出されたという…

それが便秘を引き起こし、長期間の吐き気、腹痛が続いたという。

空前の大ブームであるタピオカ

このニュース、明日は我が身かも??

誰にでも引き起こる可能性がありますね。

そこで、タピオカがなにでできているのか紐解いていきましょう

タピオカの元はトウダイグサ科のキャサバの根茎であり、イモ類の仲間。原産国は南米だ。

つまりタピオカ=デンプンである

デンプンから作られているため、体内では消化しにくい。そのため先ほど申したニュースのような事態が起きたのだろう。

そして添加物も、想像がつくと思うがかなりある。例えば防腐剤や、粘着剤など。

したがってタピオカを継続的に摂取し続けると様々な胃腸障害などを引き起こす危険性がある。

なんと、2015年中国で驚きの報道が!?

以前にもctを行なった女性がいて、同じように胃の中に大量のタピオカが見つかったという。そして、販売店の担当者にインタビューしたところ、

タピオカは化学工場で製造され革靴と古タイヤでできていると白状したそうだ。

なんと恐ろしいニュースだ

一見魅力的で、最近ではインスタ映えなどと称してSNSやメディア多くみかけるタピオカ。

実はかなり危険が潜んでいますね…

味は美味しくて、これからの夏の季節にさらにブームが強くなると考えられます。

しかし飲み過ぎには要注意ということですね。

近年ではタピオカランドというのが原宿で期間的にオープンする予定です。

またメディアで取り上げられ、人気になると思いますが、是非危険性を思い出してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました