誤認逮捕された女子大学生が手記を公開…数日間にして、人生がめちゃくちゃになったJDがかわいそうすぎる、日本の闇が深すぎた。

スポンサーリンク
トレンド

2019年1月に松山市内で発生したタクシー内での窃盗事件において、女子大生が誤認逮捕されたというあってはならない事件が起きた。

誤認逮捕された要因としては、タクシーのドライブレコーダーに写っている女の人と似ているという点、そして同じアパートという悪い偶然が引き寄せた結果だ。

この女子大生は容疑を最初から否認していたのに、警察は耳を傾けず、一貫として彼女を容疑者ときめつけ、不当な取り調べをしたという。

彼女はこの適切でない警察の対応を取り調べのたびに日記に記したという。

その彼女の手記が公開された

【この事件の捜査では、決して適切とは言えない対応を警察から繰り返されました。

そのため私は、取り調べが終わるたび、すぐに全てを日記に付けて記録してきました。

ドライブレコーダーに写っている女と私が似ていたこと、その女と私が同じアパートに住んでいたことなど悪い偶然が重なり、私が容疑者になってしまうことは仕方がないのかもしれません。

しかし、私は一番初めの取り調べから一貫して容疑を否認し、その女と私が別人であることを何度も訴えてきました。にもかかわらず、捜査に関わった刑事全員が私の話に耳を傾けることはありませんでした。

取調官は、私が「本当の犯人を捕まえてください。こんなの何の解決にもならない。」と言えば、「犯人なら目の前にいるけど。」と言い、初めから私を犯人だと決めつけていました。他にも「やってないことを証明できないよね?」「タクシーに乗った記憶ないの?二重人格?」「いつ(自分がやったと)言うのか待ってるんだけど」「罪と向き合え」等、耳を疑うようなことを次から次へと言われました。

また、自白を強要するかのような言葉を執拗(しつよう)に言われました。

「就職も決まってるなら大事にしたくないよね?」

「君が認めたら終わる話」

「こんなに時間のかかるものじゃない」

「ごめんなさいをすれば済む話」

「懲役刑とか罰金刑とか人それぞれだけど早く認めたほうがいいよ」

「認めないからどんどん悪い方へ行ってるよ」

「今の状況は自分が認めないからこうなってるんだ」

「また取り調べか、とか思ってるんだろう。認めないと終わらないよ」等、挙げればきりがありません。

逮捕された後は、弁護人の助言で警察の取り調べに対しては黙秘していたのですが、

「弁護士に言われたから黙秘するのではなく自らの意思で話せ」と言われました。本当に悔しかったです。自分たちが正しいと過信している警察には何を言っても無駄だと気付き、ただひたすら真犯人が出てくることを祈るしかありませんでした。

そもそも、私は取り調べの他にも指紋採取やポリグラフ検査、3D画像の撮影等、全ての任意捜査に素直に応じてきました。

朝の10時ごろから夕方17時ごろまでかかることもあり、体力的にも精神的にも辛かったですが、素直に応じました。

そうすることで身の潔白を証明できると信じていたからです。

しかし、最後の取り調べから1カ月以上たってから突然家宅捜索に入られ、そのまま逮捕されてしまいました。

幸いにして、勾留請求は認められず釈放されましたが、逮捕直後、もし勾留されたら取り調べに耐え切れずにやっていないことを認めてしまうかもしれないという不安な気持ちがあったのも事実です。

誤認逮捕であることが分かった後、警察からは「真相の解明に必要な逮捕だった」と説明を受けましたが、到底納得できるものではありません。

3D画像はきちんと解析したのか、ポリグラフ検査の結果はどうだったのかという私からの質問に対しては、はっきりした回答を得ることができませんでした。

担当刑事からの直接の謝罪はいまだにありません。

5月27日から7月19日という期間は私にとってはとても長く、不安、恐怖、怒り、屈辱といった感情が常に襲い、ぴったりと当てはまる言葉が見つからないほど耐え難いものでした。

手錠をかけられたときのショックは忘れたいのに忘れることができず、今でも辛いです。

私には前歴・前科もなく、本当に真面目に生きてきたつもりです。このような事件に巻き込まれ、犯人と決めつけて自白を強要するかのような取り調べを受け続け、実名報道までされたことを絶対に許すことはできません。

今回の誤認逮捕は、適正な捜査を行っていれば起こらないはずでした。

私のような思いをする人を二度と出さないためにも、口先だけの謝罪で済ませるのではなく、今後どのような指導を行い再発防止に努めるのか具体的に公表してほしいです。】

とのこと。

これから明るい人生が待っている彼女にこの事件が悪い影響を与えないと幸いですね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました