ディープインパクト安楽死させる理由が壮絶なものだった!?

スポンサーリンク
未分類

競走馬を怪我が理由に安楽死させる理由が壮絶なものだった!?

ディープインパクトが頚椎骨折を理由に安楽死するというニュースを目にして衝撃を受けた競馬ファンは多いのではないでしょうか。

また、競馬ファンでなくてもディープインパクトの存在はおそらく知っているのではないだろうか。

ディープインパクトといえば日本競馬史上6頭目3冠を達成し、日本調教馬としては初めてとなる、芝部門、長距離部門で世界ランキングで王座を飾っている。

こんなにも功績を残している日本調教馬はこれから先もなかなかでてこないと考えられる。

そんなディープインパクトの安楽死報道

安楽死させなくても、遺伝子を残せるのでは!?と考える方はかなりいるでしょう。

今回なぜ、競走馬は怪我を機に安楽死をさせるのか、書いていきたいと思います。

結論から言うと

一本の脚でも怪我をしてしまうと、他の脚への負担が大きくなり、結局死に至るような病気を発症し死に至るからです。

要するに苦しまさずに安楽死を選ぶということですね。

サラブレッドの足首部分は骨折やヒビが入りやすくいです。

また、競走馬の一般的な馬体重は400kg~500kg前後です。

従って一本使えなくなると

通常時でも、脚一本で100kg以上を支ける事になります。

骨折などの怪我で、1本の脚を使えなくなると、残りの3本の脚で全体重を支えないといけません。

そうすると、他の脚に過大な負荷がかかる事になり、健全肢にも負重性蹄葉炎、蹄叉腐爛といった他の病気を発症する場合があります。

これらが悪化すると、最終的には衰弱死や、痛みによるショック死になってしまいます。

そのため、治療が難しいと判断された段階で痛みに苦しみながら死ぬ前に安楽死という方法を取る事が多いです。

このように、用済みになり安楽死というわけでなく、競走馬を思っての行為なのですね…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました